兵どもが鍋の跡

お残しは許しまへんで。

キャンプレポ#1(千畳敷高原キャンプ場)

 

1.日時、場所

・2022年6月25日-26日
千畳敷高原キャンプ場(山口県長門市)

nanavi.jp


2.目的

・前回(3月)以降に購入したギアの試運転を行う。
・周辺の観光を楽しむ。
・高所、強風下でのキャンプのノウハウを学ぶ。


3.達成状況

・ギアの試運転···焚き火台(Hikenture、かまど型焚き火台)、テント(ネイチャーハイク、Tagar1)、枕(CanDo、100円)、クッカー(トランギア、ストームクッカー)を持参し、全て活用することができた。
・観光···周辺の観光地を、事前に調べたもの+現地で知ったものを一通り訪れる。
・強風下でのキャンプ···怪我なく終了。しかし何点かトラブルが発生し、その対処に追われた。

4.トラブルの発生について

・焚き火の火の粉が風に煽られ、テントやグラウンドシートに穴を開けてしまう。テントは補修済み(グラウンドシートは補修剤購入後補修予定)
・タープ用のガイロープを持ってくるのを忘れる。
・24日の時点で長門市入りしていたが、車中泊の際に暑さでかなり寝苦しかった。


5.所見

・強風下ということでどのようなキャンプになるかと思ったが、まずはテントの設営が難しい。グラウンドシートを張る側からテントが飛んでいきそうになるため、風よけとしても荷物箱は頼りになった。これに限らず、今回は駐車場からの距離が短かった上に他のキャンプ客がほとんど居なかったため良かったが、徒歩キャンプの時や駐車場が遠い場合は強風時の荷物の紛失には注意したい。
・風は調理や焚き火にも影響を及ぼした。焚き火のための着火剤は、着火したそばから消えてしまうため苦しんだ。風防を忘れたため薪で火室両側を塞ぐ等のアドリブの習得には役立った。調理はストームクッカーの力の見せ所だが、こちらも着火が難しい。また蓋による火力調整も、この風では消えてしまって困った。その他、オイルランタンも消えてしまった。風に限らず、イレギュラーの環境では、それに対応するギアの用意や、代替手段の準備が求められる。
・新たに購入したギアの中では、枕が予想以上に良かった。100円の、浮き輪のように膨らませる単純なものだが、そもそも今まで地面に枕する状態だったので段違いに快適になった。テントも、狭いながら寝る時だけ使うには必要十分、そして非常に軽い。シングルウォールでありながら前室後室が備わり、ザックでの徒歩キャンプなら靴含めてこれで事足りるだろう。焚き火台は、組み立て式で厚みのあるステンレス板、縦に薪を入れられるかまど型と中々個性的なものだが、耐久性(五徳を外さなければ歪みは小さい)も燃焼効率(ダンボール1箱分の薪がほぼ燃えカスなし)にも優れて良好。特筆するほどの軽量ではないが、代わりにコンパクトでより携行しやすい。薪を半分に切る手間だけが課題。これに関連して、ノコギリの刃をそろそろ交換してもいいかもしれない。
・今回の食事は、道の駅で調達。現地の食材を利用するのは持参するクッカーとの兼ね合いにより、最悪食べるものがないという場合が想定される。そのため、主食に関しては事前に用意しておいた方が振れ幅が小さくなって良さそう。
千畳敷は眺めもよく、周辺の観光地にも恵まれているため、初めてのキャンプで時間を持て余すこともないだろう。恐らく観光をせずとも上述の風との戦いがあるから終始忙しいだろうが、おすすめできる。予約不要、料金も極めて安い。ただし炊事棟、トイレ、自販機以外はないと思って良い(受付証を出している軽食店や展望台、ふもとに下りればスーパー等あり)
・高台ということもあり、厳しい坂道が多い。行きはもちろん帰りは下り坂としてハンドルを奪う。観光スポットの元乃隅稲成神社への道は特に狭いため、運転はもちろん整備もしておくと不測の事態になりにくい。


6.次回以降について

・風防、夜間の羽織るもの、焚き火シートをハトメ付きのものに交換する等の風対策を万全にして再訪したい。
・7ヶ月ぶりのオートキャンプとなり、少々荷物の選定が雑になった節がある。軽量ギアを揃えた徒歩キャンプを次回の方針にしたい。ザックに収めるのは当然だが、旅行用のスクエアリュック(32L)に入る分だけで行ってみるのもいいかもしれない。

 

 

 

【剣盾GS】壁ルギザシアン

 

INCで使ってた並びを忘れない為に、メモとして。思ったよりずっとイベルタルに勝てて悪くなかったが、黒馬白馬ボルトルナアーラの4匹にどうしようもなかった。

 



====
・経緯

GSでは禁止級をダイマさせてもさせなくても勝ち筋を作れるパーティが高い対応力を持つと、ランクバトルに採用されるずっと前から考えていました。それに最も近いと考えていたのは(ザシアンを除けば)カイオーガイベルタル、バドレックス黒の3匹。とりわけイベルタルの研究をしていたものの、結果としては満足いくものではありませんでした。

イベルタルは非ダイマ重視のとつげきチョッキ型とダイマ重視のいのちのたま型を考えました。技範囲こそ大した違いはありませんが、ベースになる技が全然変わってきます。例えばバークアウトやイカサマは、とつげきチョッキなら優秀な選択肢ですが、いのちのたまではあくのはどうやふいうちに優位性があります。この辺の調整がまとまらなかったというのが実情です。また、どちらも火力と耐久の両立という点で難儀したのもあります。

そこで、改めて禁止級を見渡しました。すると、ルギアが目に留まりました。火力の低さや+1でもレジエレキを抜けない等の問題点がありますが、特性マルチスケイルにめいそうやじこさいせいと、攻防一体の動きを実現できる要素を豊富に持ち合わせています。当時はまだルナアーラの台頭前で、初見殺しとしても悪くないと考え、ルギア軸のパーティに改良するのでした。


・パーティの方針

1.ルギアを壁役として相手のダイマを凌ぎ、後発またはルギア自身のダイマで切り返す。
2.一般枠の初手ダイマで荒らし、後発のルギアとザシアンで詰める。
3.初手のザシアンで相手の残数を減らし削りを入れ、後発ルギアのダイマで押し切る。


・個別の紹介

1.ルギア@じゃくてんほけん
おくびょう、マルチスケイル
181(0)-x-151(4)-142(252)-171(0)-174(252)
※王冠を使い忘れてDSの個体値が31ではありませんでした。
エアロブラスト/だいちのちから/じこさいせい/めいそう

パーティの本丸。予想以上に強かった。

ルギアというポケモンは、少なくともダブルではあんまり見ないと思います。理由としてはダイジェット1回でも最速レジエレキを抜けないこと、火力が並の一般枠にも劣ること、黒馬やイベルタルの使用率が高めなことと予想されます。

上記のうち、特に火力についてはめいそうとじゃくてんほけんで担保することで、苦手な相手を逆に起点にする使い方を考えました。これは特性マルチスケイルとも中々噛み合っており、めいそうの耐久アップは壁役としての性能にも磨きをかけてくれます。物理耐久については自力で上げることはできないため、取り巻きによってサポートします。

黒馬についてはこれでも不利を覆すことは難しいですが、イベルタルには非常に強くなれました。INCやランクバトルで何回もイベルタル入と当たりましたが、試運転を除けばほぼほぼ勝てるくらいです。これはルギアのSがイベルタルより高いこと、特殊耐久を高める手段を取り揃えることでその大火力をもっても削りきれないこと、メジャーないのちのたま型の薄い耐久ならルギアでも十分に削りきれることが要因でしょう。

現在では黒馬やルナアーラが数を増やしているため、その性能を十分に発揮することは難しいかと思います。しかしながら、環境次第では結構化けるポケモンだと感じました。

 


2.ザシアン(けんのおう)@くちたけん
いじっぱり、ふとうのけん
195(220)-220(76)-136(4)-x-141(44)-189(164)
きょじゅうざん/せいなるつるぎ/みがわり/まもる

いつもの。ルギアに足らない瞬間火力を担います。

このパーティはそもそも、竜王戦ルールで有名な壁ザシアンをベースにしています。ザシアンを壁で守ることで、序盤からガンガン頭数を減らしたり、終盤の詰めとしてもより使いやすくなります。

わざわざ言及する必要ないくらい、強いポケモンでした。フェアリータイプなのもイベルタル対策に一役買ってると思います。

 


3.オーロンゲ@ひかりのねんど
わんぱく、いたずらごころ
202(252)-140(0)-122(204)-x-103(52)-80(0)
ウルクラッシュ/でんじは/リフレクター/ひかりのかべ

色々便利なやつ。いないと非常に困る。

ルギアが苦手な黒馬とイベルタルにタイプ上有利で、壁やでんじはでルギアが安全に動くためのサポートができるのが優秀でした。うそなきが欲しい場面があるかなとも思いましたが、ルギアの素の火力はその程度では全然足りません。なので無難な形にしました。

ザシアンがきついのでしっとのほのおも候補でしたが、一致技を切る勇気はありませんでした。積みアタッカーを擁するパーティなら、こちらも良い選択肢でしょう。

 


4.霊獣ランドロス@いのちのたま
おくびょう、いかく
179(116)-148(0)-111(4)-148(180)-1101(4)-150(204)
だいちのちから/そらをとぶ/いわなだれ/まもる

ガオガエンに隙を見せない地面枠。いかくにも強い。

ルギアがダイマを切らない試合では、大抵カミツルギランドロスのどちらかがでっかくなります。ルギアが積みながら加速したり、更なる特殊耐久を確保したりできます。特にガオガエンやザシアンに強い負荷をかけられる点が優秀で、それを見越したいかく後投げも効きません。

もちろん、試合展開に合わせてルギアにダイマを譲る試合もあります。そういう時もだいちのちからは安定打点で便利なものです。

気になるとすれば、ルギアと技範囲がダダかぶりなところでしょうか。もしランドロスの役割を全て代替できて、かつ別のタイプのポケモンがいれば、そちらを優先して使うでしょう。そんなのいたらランドロスそのものが環境から遠ざかるでしょうが、登場以来ずっと人気なのはそういうことです。

 

5.カミツルギ@とつげきチョッキ
ようき、ビーストブースト
144(76)-201(0)-151(0)-x-82(244)-168(188)
リーフブレード/スマートホーン/せいなるつるぎ/つばめがえし

サブのダイマ枠その2。ランドロスもですが物理耐久の担保としての役割があります。

この枠は化身ボルトロスも試したのですが、白馬とトリトドンがグロくなったので交代しました。ダイスチルで要塞化することで凌げるトリックルームもあるんです。

こちらはザシアンの強化としても重要なポジションで、厄介なギガスドガスの上を取れるため、みがわりを貼りながらバフをかけることで有利な対面を目指せます。

カミツルギ自身も特性が発動したら非常に突破力のあるポケモンなので、色々な勝ち筋を適切に選ぶのが大事になるでしょう。

 

6.トリトドン@たべのこし
のんき、よびみず
209(180)-x-125(204)-113(4)-117(116)-39(4)
だいちのちから/れいとうビーム/あくび/まもる

壁。ごくごくたまにダイマも切る。

GSにもかかわらずガオガエンが不在のパーティで、いかく枠のランドロスも耐久がペラペラなため、お手軽に後投げできるトリトドンはいないと困るポケモンであります。

突破に時間のかかるとつげきチョッキ型のカイオーガの前で居座れるのが頼りになります。トリトドンを無視して水技を放てばトリトドンの打点が伸び、逆にれいとうビームで削りに来れば隣の味方は無事と、いるだけで厄介なポケモンです。ただし体力管理がたべのこしでしかできないため、無理は禁物です。

トリトドンも似たようなことができるポケモンがいれば変えたい枠ではありますが、そんなものいるはずもなく。GSは一般枠に光るものが求められるため、そもそも土俵に上がれるポケモンが少ないのもあります(軸の禁止級さえしっかりしとけば、ピンポイントメタでも活躍できるとは思いますが、大抵は使用率上位で事足りてしまうという現実)


・選出について

1.先発オーロンゲ+ザシアン、後発ルギア+何か

初手ザシアン選出。主にイベルタル+ザシアンにぶつけます。

ザシアンでイベルタルの隣を狙います。イベルタルにはロンゲのソウルクラッシュから入り、壁も絡めてダイマを凌ぎます。この時ザシアンが削られすぎると後々面倒なので、序盤はいのちだいじに。

相手のイベルタルダイマラストターン辺りでルギアorサブのダイマ?を着地させ、万全の体制からダイマを切って切り返します。ダイマ枠の出鼻をくじかれると非常に苦しくなるので、特に相手のオーロンゲは優先的に処理しておきたいところ。イベルタルの打点は、特にダイマを切ったルギアに対しては大した問題にならないため、むしろその隣からの被ダメを注意します。大抵はリフレクターが張れてないはずなので、物理(ザシアン)を警戒するならザシアン引きランドロス後投げか、ダイマ枠を一般枠に譲ります。

2.先発オーロンゲ+ランドロスorカミツルギ、後発ルギアorザシアンorトリトドンから2匹

先発ダイマで攻めたい時はこれ。ランドロスは晴れパ、カミツルギトリトドンは雨パに対して出します。

ルギアとザシアンはねこだましを強く誘うため、それを逆手にとって初手のダイアースでガオガエンを狩りに行きます。同じ理由でオーロンゲも狙われやすいため、合わせて処理に来たザシアンをワンパンするのにも便利です。相手視点ではガオガエン+ザシアンなら、いかくでザシアンが行動保証を持てるので突っ張る可能性が高いでしょう。オーロンゲを大事にする場合はトリトドンを選出しておき、相手のねこだましに合わせて引くのが無難。

初手でダイマ切るのが損な展開なら、裏のルギア等に交代するのもありです。でんじはや壁でじこさいせいまで持ち込めれば、交代際の被弾もなんとかなります。

3.先発オーロンゲ+ルギア、後発ザシアン+何か

相手の初手ダイマを枯らす展開。1番パワーの出る選出です。

初手からめいそうで要塞化するもよし、相手の弱点狙いを察してダイマで迎え撃つのもありと、後半のダイマに拘らない柔軟な起用が可能です。この選出に限らないですが、ルギアはダイマが終わってからも上からのじこさいせいやめいそうで詰みに持ち込めるのが優秀です。これはカプ・レヒレのような加速できないポケモンとの差別化ポイントでもあり、ダイマ後の展開まで見ておくと動かすのが楽になるでしょう。


・厳しいポケモン

ズバリ、ルナアーラ、黒馬、白馬、化身ボルトロスの4匹です。今結構数が多くて非常に困ってます。こいつらに勝てるルギア入を思いついたらこっそり教えてください。


・おわりに

GSは冠の雪原解禁直後から遊んでましたが、ランクバトル解禁後は予想よりもずっと色んな禁止級が遣われて驚きました。私も何かできないかとルギアを使い、結果は出ませんでしたがこうして形に残してみた次第です。なんだかんだ面白かった。

JCSや3年ぶりのWCSはどんな環境になるでしょうか。願わくばルギアにワンチャンあることを期待して、結びとします。最後までご覧いただきありがとうございました。質問は@atsuatsuoden252まで。

 

 

【2022年最新版】オフ遠征民向け、朝から入れる銭湯まとめ【未完】

※この記事では、朝6時~9時に開く銭湯・温泉等の紹介文を募集しています。詳しくは@atsuatsuoden252まで。

  こんにちは、おでんです。今回はオフ参加者向けの、朝から入れる銭湯・温泉の紹介をしていこうと思います。以前似たような記事を書いてるのですが、対戦オフ再開の機運が高まっているのを受け、最新版として書き直します。

 

  • 1.朝風呂について
  • 2.持ってくるもの(上にあるほど優先度が高いです)
  • 3.注意事項
  • 4.銭湯紹介
    • ●北海道
    • ●東北
    • ●関東
    • ●東海
    • ●北陸
    • ●関西
    • ●中国・四国
    • ●九州・沖縄

 

1.朝風呂について

続きを読む

【プリティプリマ最終81位】THEリリーラM@STER【剣盾公式大会】

 

こんにちは、おでんです。今回は剣盾の公式大会「プリティプリマ」で使用したパーティの紹介になります。何かの参考になれば幸いです。

ひとつだけ言っとくとしたら、ハラハラしてとっても楽しいルールだった!!!

f:id:atsuatsuoden510:20211213214140j:plain
今に始まったことではないけど、鈍足ポケモンで固めるの好き。

 

勝敗は以下の通り。

Day1...×〇×〇〇〇
Day2...休み
Day3...×〇〇〇〇〇〇〇〇×〇〇〇〇×〇〇

18勝5敗、レート1704

続きを読む